はじめに。

誰にでも傷がついた記憶があり、誰にでも誰かを愛した時間がある。

これから紡ぐ物語はフィクションであるかもしれないし、現実で起きた話かもしれない。

誰かの目にはこの物語たちがチームな安いドラマの様に思えるかもしれないし、東京の街で生きる男女にはキラキラと見えるかもしれない。

でも伝えたい物語がある。

紡ぎたい記憶がある。